バナー

ファクタリングのメリットとデメリット

企業経営において資金繰りは大変需要なことです。

しかし、不景気の昨今、そううまくいくものではありません。

景気が回復していると言われてみても中々実感できません。



そんな不安定な時代に注目すべきはファクタリングです。

これは、企業が保有する債権をファクタリング企業が取引先企業にかわり、期日前に支払うサービスです。

このサービスにより、本来ならば期日後にしか資金化できなかったものが、期日前に資金化でき、企業の金回りが良くなります。

また、これは銀行などで行う借入ではないので、経営を圧迫してしまうという心配はありません。

さらに、取引先企業が売上債権支払前に倒産した場合でも、ファクタリング企業による取引先調査の結果、回収できるはずだった債権の何割かを回収することができ、大きなリスクを避けることができます。

しかし、ファクタリングにはメリットばかりではありません。

例えば、このサービスを利用するためには手数料、掛目が必要となり、期日まで待つよりかは売上金が目減りしてしまいます。

また、債権譲渡の形になるので、取引先企業に承諾が必要となり、手続きや交渉のために時間と手間がかかってしまう場合があります。


また、利用するファクタリング企業によっては、債権譲渡登記が必要となり、これもまた手間と時間がかかるため事前に確認しておく必要があります。

OKWaveのことならお任せください。

このようにこのサービスにはメリットとデメリット双方が存在し、必ずしも利用すべきとは言い切れないので、サービス利用前には十分に検討する必要があります。

今探すならこちらのファクタリングの申し込みのことならこちらをご活用ください。